HOME > インタビュー・コラム > マレーシアでの葬儀

マレーシアでの葬儀は、千差万別

マレーシアには、多くの民族、宗教の人たちがいますので、葬儀に関してもその行い方、習慣などが大きく異なるとのことです。

私が参列したのは、中国系マレーシア人(キリスト教(プロテスタント系))の葬儀。故人は40代でご両親は健在です。

 

どのような違いがあるのか?

一口に葬儀と言っても、以下によって違いがあります。

  • 宗教 (イスラム教、キリスト教(カトリックとプロテスタントでも異なると思います)、仏教、ヒンズー教など)
  • 民族 (同じ中国系でも、広東人、福建人、客家など、様々な人たちがいます)
  • 地域 (クアラルンプール、ペナン、ジョホール、サラワクなど、場所によっても違うようです)

どう違うのかというと、例えば火葬にするのか土葬にするのか葬儀は質素にほとんど何もないのか、それともセレモニーホールを使い執り行うのかなど。

 

実に様々な違いがあるようで、私が住んでいる近所で誰かが亡くなった場合、

  • 家の前の道路を封鎖し、
  • 運動会で実行委員席などが設置されるときに使うようなテントを張り、
  • そこにテーブル、椅子を並べて故人をしのんで集まった人たちが食事をしていく、

というようなもの(これは、中国系でもマレー系でも同じでした)でした。これは、日本で言うと通夜を自宅で行うという感じでしょうか。

 

今回は、サラワク州での葬儀でしたが、以下のような形で行われました。

  • 故人のお宅を訪問。そこで駐車場を利用して作られた仮設の歓談場所にてお茶、軽食、食事などをとる
  • 葬儀の日程が決まっておらず、数日滞在。(宗教などにより、24時間以内に葬儀をしたりするようです)

 

故人が、突然亡くなったこともあり、司法解剖などを行う必要があったため、葬儀の日程が決まらなかったようです。

また、故人の遺体は、自宅に戻ってくることがありませんでした。(中国系マレーシア人でも仏教徒の場合は自宅に運ぶこともあるそうです)

 

葬儀から埋葬まで

さて、葬儀の日です。葬儀は、午前7時に開始とのこと。ずいぶん早いと思いましたが、実は早朝に葬儀を行うのが普通とのことです。

(この地方だけかもしれませんが・・・)

 

なお、参列する人たちには、赤と黒のリボン、タオルを渡されました。

赤と黒のリボンの一つ(確か黒)は葬儀が終わったらその場で捨て、もう一つのリボン(確か赤)は埋葬の後、自宅に帰るまでに捨てなさい、とのことでしたので、それに従いました。

また、タオルは腰に巻き、自宅までもって帰りなさい、とのことでした。(よく解らないけど、習慣のようです)

なお、タオルは参列者が乗ってきた車の助手席側ドアミラーにも縛り付けるようです。

 

葬儀の場所は、何と病院のモルグ(司法解剖などを行う場所)でした。なんでも、司法解剖の後、病院で遺体を管理し、そのままそこで葬儀を執り行うのだそうです。

 

時間が来ると、牧師さんたちもやってきて、棺に入れられた個人の頭側に立ち、お祈りを始めます。参列する人は、各々適当に棺の周りに集まる、という感じでしょうか。

何が一番驚いたかというと、故人のご両親や小さな子供は葬儀には参列しません。故人のご両親は、自分より若くして亡くなった子を見送ることができないという習慣があるそうです。

 

葬儀は、つつがなく終わり、出棺です。日本のような霊柩車を準備している葬儀会社をKLでみることはありますが、この時は、トヨタ・ハイエースのようなバンに棺を載せての移動でした。

が、移動の前に棺を前に、家族や親せきがみんな集まり、写真撮影が・・・。うーん、文科の違いなのでしょうか。

 

キリスト教系で、土葬にするとのことで、墓地までそのまま移動です。

棺を載せたバンを、葬儀に参列した人たちの車が追う形で墓地まで向かいます。

 

墓地に到着すると、業者の人たちが棺を運び、墓地の中にゆっくりと入れます。

その後、牧師がお祈りし、喪主である個人の長男が最初に土をかけ、後は業者に任せて解散となりました。

 

日本とは見送り方が異なりますが、近親の方が亡くなった人たちの気持ちは、どこでも同じですね。

故人のご冥福を祈念してます。

 

気になるお香典は、いつ、どうやって渡すの? いくらくらい?

気になるお香典ですが、日本のように包んだりしません。

故人のお宅を訪問した際、義援金箱のようなものに入れ、横にあるノートに名前と金額を記入します。

 

金額は、近親者で無ければ、かなり少なく、RM30(約1000円)くらいでした。近親者になると、RM500~RM1000(約15000~30000円)とか。特に金額は決まっているわけではなく、お悔みに訪れた時にご飯を食べるので、そのご飯代くらいから、という感じでしょうか。近親の方は、葬儀費用の足し、そして残された家族の今後の生活のために、と金額が多くなるようです。

 

30000円とか、金額的に日本と変わらないなぁ、と感じましたね。

Copyright ©クアラルンプールナビ All Rights Reserved. Powered by United Futures, Inc.